カテゴリ:日々ふしぎ発見 !!( 2 )

 

田園調布探訪


田園調布一帯は山あり谷あり
尾根にそって多摩川まで探訪。

f0206733_14402771.jpg

f0206733_14324352.jpg

[PR]

by pateya | 2013-09-28 14:44 | 日々ふしぎ発見 !!  

2011年 パテ屋 <夏の陣>

東京も梅雨が明け、田園調布の銀杏並木では今年初めての蝉の声が、、、。
パテ屋は、いよいよ恒例<夏の陣>のはじまりです!!
店も作業場も奥のスペースも、38年来冷房ナシですので、暑さに向けて
少々備えが必要になります。

   1)蚊取り線香 + 虫除け・虫さされグッズ
   2)うちわ + 扇風機
   3)屋根のヨシズ張り・・・
   4)梅のカリカリ漬けづくり・・・
         〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

        この<パテ屋ノート>は1992年、つまり19年前に、
        当時のスタッフ北村さんが描かれたものです。

私はこれを見た時、約20年前のものとは信じられませんでした。しかしよーく見ると、キンカンのビンの形が今とは違っていたり、「カルトQ」の話題で、かろうじて
時間の経過を感じました。左下に冷や奴の記事がありますが、当時は週3回お豆腐屋
さんの配達があったそうですが、3〜4年前に閉店されたとのこと。
しかし、アンチョビペーストとビールの組み合わせは健在です!        

by m.kato

f0206733_17452811.jpg

 1)蚊取り線香
  毎年、夏を待たず、一足先に使いはじめます。
  今年2011年は5月14日[金]から。
  そして11月まで、たっぷり半年間のおつきあいとなります。
  開け放しの店に4巻、網戸のない窓などに3巻、と1日に10巻近く、
  煙となって消えていきます。

  火を付けるとき、マッチ一本で何巻着火できるか? ちょっとスリリングな
  このゲームは、徐々に巻数が増えて、今の所5巻。
 
  
マッチをする。この時マッチの頭は斜め下に。
   ↓
  火が着いて炎が安定したら
   ↓

f0206733_18122647.jpg

炎が上になるようにマッチを立てる                撮影・岡村典子
炎の先(最も熱い)で蚊取り線香に火を着ける
   
f0206733_1812164.jpg

線香数巻を一遍に掴むタイミング、                撮影・岡村典子
炎が安定しているようなマッチの持ち方がポイント、といえるかな?

2)うちわ+扇風機
  店主の実家の納戸にあったもの、戴いたもの、バザーで求めたものなど、
  数十年の間に自然に集まってきたもの。
  裏には三越、高島屋などの朱印があり、戦前のデパートのお中元だったのか
  もしれません。
f0206733_15215148.jpg


  店先で活躍しているうちわの一部。骨がしっかりして使いやすいものです。
f0206733_15401289.jpg
「なぜ人吉のうちわがあるんですか?!」とおっしゃる熊本からみえたお客さまや、「この(うちわの)映画館で働いていました。これは今は作っていないものですね!」などなど。お客様とのコミュニケーション・ツールにもなってくれています。

3)屋根のヨシズ張り
  店の屋根より30cmくらい上に、足場パイプで骨格をつくり、ヨシズをのせます。
  店はトタン屋根ですので、ヨシズの陰のおかげで、効果てきめん。

4)30年来、毎年恒例の梅のカリカリ漬けづくり
f0206733_15282625.jpg

昭和51年再版のマイライフシリーズ:梅酒・梅干.梅料理が虎の巻。
長野の方からいただいた<御梅わり>は、なくてはならない相棒です。
f0206733_16365724.jpg

作業後の一杯のシャッキリ感は抜群。ビールももちろんいいけれど、、、。
f0206733_16213514.jpg
by PATE屋
[PR]

by pateya | 2011-07-15 20:05 | 日々ふしぎ発見 !!