<   2018年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

スタッフの声パートIII

パテ屋


パテ屋と言えば林さん。

当たり前ではあるけれど、「店主」という言葉がぴたりとはまる。


「みせのぬし」がいる


そういった仕事をするのは初めてだったなと気がつく。

今までの仕事は、職場に頼もしい社長がいて、尊敬する師匠や先輩がいて、気持ちを奮い起たせてくれる同僚や後輩がいた。

もちろん、他の仕事も社長なくてはありえない仕事ではある。

けれど「店主」のいる店は、仕事だけでなく

そこに流れる空気や時間だったりする

曖昧な事に関しても「店主」なくては成り立たない。

空間を作る人なのだと思う。


ひょんな機会からパテ屋で働くことになり週4日の仕事、ほんの2年間

その中で思いもよらない新鮮な感覚を味わった。


こちらの店主はなかなかあくが強い。

私自身美大を出て、あまり主流とは言えない仕事をしてきて

個性的な人達とは沢山出会ってきたとは思う。

彼女はその中でもなかなかの猛者である。

物事への姿勢や考え方が、群を抜いてオリジナルだ。

そうかと思えば、様々なテレビ番組をこよなく愛し

ちょっとミーハーな1面もある。

彼女の感覚を自分の中に取り込むのは難しい。

なまじ理解したつもりで接すると痛い目をみる。

ふと気がつく。

彼女は揺るぎない芯をもちながら、絶えず変化しているのかもと。


‥‥何か違う。


おそらく、彼女は引き出しが多すぎるのだ。

また、それを引き出す方法もたくさん持っている。

その日の天気、温度、湿度を体ぜんぶで感じ、自身の体調、感情によりそい、そうして改めて新鮮な気持ちで、持っている引き出しをひらいてみる。

結果、思いもよらない形になっている。

そんな彼女をしっかりと理解するなんて無謀なことだ。

だから魅力的なのだろう。

パテ屋にはマニュアルがほとんどない。

なぜなら彼女はそれをいやがるし、スタッフも皆、店主の引き出しを覗き見しながら、各々の引き出しを駆使して仕事をする。

全ての仕事に通じることなのだと思うが、こんなにも強く感じることは今までなかった。

中に入らないと分からないこの感覚。

きちんと言葉にできないこの感覚。

けれど、私の中には確かに残った。


山田




パテ屋のことを思い起こしてみてふと浮かんだこと

・林さんチョイスの展覧会等の貼り紙


・失敗を喜んでくれる頼もしさ


・真っ赤なほっぺたのふくふくした赤ちゃんをみて

 二人して異様にテンションが上がった。

 他の人が気がつかなかったささやかな事に気がついて

 ハマるツボが同じ時がたまにある


・きれいな紙皿の林マーク


粉コーヒーなどを、どうみても入りきらないだろうといったサイズの

 ビンの中へみるみるうちに収めてしまうので、いつも不思議。

































[PR]

by pateya | 2018-03-31 18:57 | パテ屋の日々  

スタッフの声パートII

空気が急に、がらりと変わりました。
桜も大忙しで、庭の桜もほぼ満開です。
おかげさまで、お客様も増えてありがたいことです。
週末もご予約を沢山いただいております。

明日は作りたてのカンパーニュ、切りたてのベーコン
ご用意してお待ちしております。
新しい季節の集まりに、美味しいパテなどいかがでしょうか?

下記には、パテ屋の新しいスタッフの声をのせました。
春めいた庭の写真とともにお楽しみください。



パテ屋は溢れ出したように花とみどりでいっぱいになっています。
自称パテ屋写真部として今回の写真を撮ってみました。
お庭はどこを切り取っても都内とは思えない森に迷い込んだよう。
気持ちのいい空気を感じにぜひいらしてください。
日々庭に咲く小さな花やパテ屋の仕事、生活までどんな小さなことでも
目を向け発見し、楽しむ時間は忙しい日常でとても貴重な体験です」池田


「パテ屋の中にいると四季の変化を日々感じます。冬の間は窓の外の冷たい空気をひんやり感じ、庭の花の芽吹きや窓からの温かな空気で春を感じます。田舎育ちの私にとって街中の小さな街路樹でしか日々の移ろいを感じれないことを寂しく感じていましたが、小さな季節の変化を感じながら働けることはとても豊かなことだと感じています。林さんから聞くこよみの話をいつか子供に話せるように心に留めておきたいなと思っている日々です」長井



f0206733_15160642.jpg

年々元気になる山吹


f0206733_15155554.jpg

迷い込んだチューリップ


f0206733_15025881.jpg

ハナニラ・いつの間にかパテ屋の常連


f0206733_15025028.jpg

ユキヤナギ、道に向かって咲いています


f0206733_15024087.jpg

いつの間にか居るスミレ


f0206733_14591362.jpg

木曜日のパテ屋


f0206733_14585814.jpg

カフェの自転車置き場









[PR]

by pateya | 2018-03-29 17:06 | パテ屋の日々  

パテ屋カレンダーができました

パテ屋カレンダーができました!
4月から9月までの営業日をお知らせしています。
f0206733_14461936.png











[PR]

by pateya | 2018-03-29 14:50 | 営業案内とアクセス  

祝日 3月21日(水)も営業しています!!


本日のパテ屋は
【砂肝カレー】【パテ・ド・カンパーニュ】
できたてでお出ししています!
パンチの効いた砂肝カレーと、赤ワインに合うパテ・ド・カンパーニュは
数週間保存が効きますので、連休中のお土産にもご利用くださいませ。


3月21日(水・祝)は祝日ですが、パテ屋は通常営業いたします!

昨年にリニューアルしたパテ屋の看板がさらに新しくなりました!
元のロゴはそのまま活かし、パレットをイメージしたベースをつけました。
お店にいらっしゃる際はぜひ見てみてください。
f0206733_15550748.jpg
f0206733_16145184.jpg
ユキヤナギと桃の花、そしてそろそろ花ニラと桜の季節です。











[PR]

by pateya | 2018-03-16 16:48 | 営業案内とアクセス  

気づけば3月、、

明日はひなまつり、6日は啓蟄。
だんだんと春の足音が聞こえてくるようです。
雪の写真から、だいぶ間が空いてしまいました、、
スタッフの声、もう少々お待ちくださいませ…!

只今、『砂肝カレー風味』が出来たてで並んでおります!
明日は『パテ・ド・カンパーニュ』も出来たてで並ぶ予定です。
週末おなじみの切りたての『ベーコンや、
定番『ニシンの酢漬けももちろんご用意しております!

明日はちょっとした集まりが…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
春の集いのお供に、パテ屋の品々をゼヒ!

尚、お隣のカフェ『レ・グルマンディーズ』は工事のため、
今週いっぱいお休みです。ご注意を…!

レ・グルマンディーズ www.lesgourmandises.info








[PR]

by pateya | 2018-03-02 17:35 | 営業案内とアクセス  

スタッフ募集

ただいまパテ屋では
一緒に働いて下さるスタッフを募集しております
まずは電話でご連絡ください

【スタッフ募集】

     若干名

勤務地  世田谷区玉川田園調布(PATE屋)
 時間  9:00〜18:30
     週4日(水〜土、勤務できる方)
 待遇  
交通費規定内支給 まかないつき
     時給・東京都の規定に準ずる
 休み  夏一ヶ月 冬2週間 GW(一週間程度)
 仕事  調理、販売・接客
     簡単なパソコン業務
 応募  まずは電話でご連絡ください。
     03-3722-1727(木・金10:00〜18:00)
     
    ※  特別お料理が学べるわけではありません
     





応募をお待ちしております!












[PR]

by pateya | 2018-03-02 17:31 | お知らせ