三陸唐桑町を想う

f0206733_10401181.jpg

 このカラフルな刺し子は、数年前、宮城県三陸唐桑町の女性数名が、狭い我が家で
合宿された時のおみやげ、愉しい想い出の品です。メンバーの1人の母上手差しの品。
 唐桑町には「山に生きる 海に暮らす」(無明舎)の著者・仙台在住のYさんと、
「仙台まち歩き」(河北新報)の 同じく Nさんを通して関わることとなり、以来ずっと
お世話になっています。
 今回の大災害のあと現地を訪ねられたNさんによると、唐桑町では我々の知っている
方々は皆さん無事、とのことでした。毎年の津波の避難訓練で、どのお年寄りを誰が
ケアする、など地域ごとに日頃こまかく決めていたので、人的被害が大変少なかった
とのこと。さすがです。
 しかし、合宿のメンバーを含む<食の学校>の皆さんは2人が家を失い、1人は
家が半壊しカキ養殖の全てを流され、1人は店舗と家を失い、、、
「それでも皆さん、それぞれの避難所にいながら、いつものように世話役をやって
いられますよ。あのパワーは何でしょう? 行ったのは2回目ですけど、いつも向こう
では、皆さんに励まされ、仙台に帰ってくると落ち込みます。
ともかく唐桑の港、そして往復の風景に、言葉が出ません」と N さん。
 日本中の、そして世界の皆さんと同じく、毎日「私に何が出来るか」を問いつづけて
いる日々ですが、Nさんと相談中です。
             ~~~~~~~~~~~~
 6/26(日)のNHK日曜討論での同志社大学の浜矩子さんのご意見は貴重です。
「震災特区」「企業誘致」優先の主張を掲げる五百旗頭氏、村井宮城県知事、与党議員
を相手に、
「それらの言葉には血が通っていない。現地現場の小さく弱い声を良く聞き、企業との
共存・両立を考えなくてはいけない」

 唯一ちがうのは、”小さく弱い”ではなく、”小さい現場の元気な声!!”。
東北の小さな集落1つ1つは、稲作が渡来するよりずっと以前から、海・山それぞれの
自然と共存し、個性的で貴重なノーハウを蓄積し、人々はそれを日常感覚として、
現代を生きています。
 大都会大阪出身、自衛官、松下政経塾、経由の村井宮城県知事に、
   "この列島の古層文化を日常感覚とする(今や最先端の感覚ですが)東北"
の奥深さ,楽しさ、素晴らしさを味わい、実感(共感ではなく)していただきたい
のです。
”小さい現場の元気な声“ に耳を傾け、共に語り合い、地域の意を汲んで県、国,企業
が彼らをバックアップする態勢をつくる、、、これができたら、現代でもっとも
先見性のある国づくりになるはずだ、と思うのですが、、、。期待しています。
「知恵は現場に在り。現場に学べ!!」漁業、農業、林業、そして全製造業の
現場の声です。
                            パテ屋 林のり子
[PR]

# by pateya | 2011-08-10 02:39  

2011/7/26[火]ランチ


スープに良い日?


今日はあやうく汁ものが三つ重なるところでした。
普段の持ち寄りでは、あまりスープを持って来る人は少ないのですが。
テーマやルールは一切なしの、出たとこ勝負のおもしろさでしょうか。

f0206733_1748933.jpg
本日のメニューは…
コリアンダーのスープ、白いとうもろこしのスープ、とんこつラーメン(つけ麺)、
ビーツのペースト、奥沢クピドのバゲット、デザートは京都土産のケーキシトロンと、お隣の少年からいただいた修学旅行土産でした。

f0206733_17505030.jpg

このビビッドな色の正体はビーツです。トルコ料理のビーツのペースト。
ほんのりごま風味で、やさしい甘さがあります。パクチーをたっぷりちらします。
f0206733_17504549.jpg
“日光葵の紋絵巻”という立派なものです。ケーキシトロンは京都の“櫂”というベーグル屋さんのものだそうです。



by m.kato
[PR]

# by pateya | 2011-07-28 18:08 | 今週の持ち寄り  

2011年6月19日[火]のランチ 

夏本番…?台風で冷える東京

台風の影響か、ここ数日とても涼しい東京です。

本日のもちよりランチ
f0206733_1726283.jpgf0206733_1729226.jpg
f0206733_17292680.jpgf0206733_17293123.jpg




メニューは・・・
おざら(山梨の郷土料理“ほうとう”を冷たくして、温かい出汁に付けて食べるもの)
ズッキーニのグラタン、築地吉岡屋のコリンキー(南瓜の品種)サラダと小メロンの
浅漬け、二子玉川のパン屋「ドミニク・セイブロン」のライ麦と黒ごまのパン、
インドのヨーグルトを使ったデザート、でした。




by m.kato
[PR]

# by pateya | 2011-07-22 14:40 | 今週の持ち寄り  

2011年 パテ屋 <夏の陣>

東京も梅雨が明け、田園調布の銀杏並木では今年初めての蝉の声が、、、。
パテ屋は、いよいよ恒例<夏の陣>のはじまりです!!
店も作業場も奥のスペースも、38年来冷房ナシですので、暑さに向けて
少々備えが必要になります。

   1)蚊取り線香 + 虫除け・虫さされグッズ
   2)うちわ + 扇風機
   3)屋根のヨシズ張り・・・
   4)梅のカリカリ漬けづくり・・・
         〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

        この<パテ屋ノート>は1992年、つまり19年前に、
        当時のスタッフ北村さんが描かれたものです。

私はこれを見た時、約20年前のものとは信じられませんでした。しかしよーく見ると、キンカンのビンの形が今とは違っていたり、「カルトQ」の話題で、かろうじて
時間の経過を感じました。左下に冷や奴の記事がありますが、当時は週3回お豆腐屋
さんの配達があったそうですが、3〜4年前に閉店されたとのこと。
しかし、アンチョビペーストとビールの組み合わせは健在です!        

by m.kato

f0206733_17452811.jpg

 1)蚊取り線香
  毎年、夏を待たず、一足先に使いはじめます。
  今年2011年は5月14日[金]から。
  そして11月まで、たっぷり半年間のおつきあいとなります。
  開け放しの店に4巻、網戸のない窓などに3巻、と1日に10巻近く、
  煙となって消えていきます。

  火を付けるとき、マッチ一本で何巻着火できるか? ちょっとスリリングな
  このゲームは、徐々に巻数が増えて、今の所5巻。
 
  
マッチをする。この時マッチの頭は斜め下に。
   ↓
  火が着いて炎が安定したら
   ↓

f0206733_18122647.jpg

炎が上になるようにマッチを立てる                撮影・岡村典子
炎の先(最も熱い)で蚊取り線香に火を着ける
   
f0206733_1812164.jpg

線香数巻を一遍に掴むタイミング、                撮影・岡村典子
炎が安定しているようなマッチの持ち方がポイント、といえるかな?

2)うちわ+扇風機
  店主の実家の納戸にあったもの、戴いたもの、バザーで求めたものなど、
  数十年の間に自然に集まってきたもの。
  裏には三越、高島屋などの朱印があり、戦前のデパートのお中元だったのか
  もしれません。
f0206733_15215148.jpg


  店先で活躍しているうちわの一部。骨がしっかりして使いやすいものです。
f0206733_15401289.jpg
「なぜ人吉のうちわがあるんですか?!」とおっしゃる熊本からみえたお客さまや、「この(うちわの)映画館で働いていました。これは今は作っていないものですね!」などなど。お客様とのコミュニケーション・ツールにもなってくれています。

3)屋根のヨシズ張り
  店の屋根より30cmくらい上に、足場パイプで骨格をつくり、ヨシズをのせます。
  店はトタン屋根ですので、ヨシズの陰のおかげで、効果てきめん。

4)30年来、毎年恒例の梅のカリカリ漬けづくり
f0206733_15282625.jpg

昭和51年再版のマイライフシリーズ:梅酒・梅干.梅料理が虎の巻。
長野の方からいただいた<御梅わり>は、なくてはならない相棒です。
f0206733_16365724.jpg

作業後の一杯のシャッキリ感は抜群。ビールももちろんいいけれど、、、。
f0206733_16213514.jpg
by PATE屋
[PR]

# by pateya | 2011-07-15 20:05 | 日々ふしぎ発見 !!  

2011/7/12[火]ランチ


パテ屋の夏


f0206733_13494379.jpg

本日の持ち寄りは…
エッグ・マサラ(ココナッツミルク入りの、インド風オムレツ)。茄子の冷菜(蒸し茄子にすりごま入りの胡麻油と醤油のソースをかけて)。ヤム・ウン・セン(春雨サラダ(タイ))。豆腐のブルスケッタ(トマトのガーリックオイル&バジル和え)。冷やしトマト、冷たい夏野菜のカレー。ご飯。

f0206733_13505412.jpg
左のグラスは、ワンカップ大関のもの。奈良美智さんのイラスト入りです。
暑くなると、テーブルにはこのような冷たい飲み物が登場します。
この夏のまかない飲み物は、冷茶と熱いお茶です。
冷茶とは…まかないの最後、その日のお茶ピッチャーにお湯を足して
一晩冷やしたのもの、
午後のお茶の時間にはパテ屋特製梅ジュース。これで暑い夏を乗り切ります。


by m.kato
[PR]

# by pateya | 2011-07-15 14:32